2017年10月30日

連続タイフーン

21号が去った後、先週の大津です。

20171030_00

桟橋など通常より沈んで、琵琶湖が広く見えます。

洗堰全開でしたが、流れ込む方も多くて水位なかなか下がらず。

 

20171030_1

秋のショッカーです。濁りがきついので魚が見えにくいです。

 

20171030_2

柳の下には何とも小さなバスがたくさん。成長悪い?

 

週明けて、22号が去った後の彦根。大荒れです。

20171030_3

湖岸を車で走っていると、水しぶきがかかるのです;

塩気がないので錆びる心配はないですが、結構な迫力です;

 

20171030_4

宇曽川の港は、サスペンスドラマの背景みたいな波でした。

10月末にふたつも台風が来て、本当に変な秋です。

posted by 滋賀県漁連 at 18:57| 日記 | 更新情報をチェックする

2017年08月31日

東京出張からの帰還

先週は東京出張でシーフードショーでした。

全漁連さんのブースでPRさせてもらいました。

seafood1

コアユをおすすめしましたが、概ね好評だったと思います。

試食して足を止めて下さるのは、特徴のある苦味と香りのせいでしょうか。

 

seafood0

「稚アユ」という言葉の方がメジャーで、「小アユ」と言ってもイマイチ通じず。

前者の方が、都会にない季節感が出るのかもしれませんね。

 

seafood2

すごい人出です。高知県さんの、揃いの暖簾がかわいい。

 

seafood3

試食の出し方も、参考になります。。。

 

seafood4

パッケージとか、販促資材とかも、面白いです。

 

seafood5

大手水産会社さんのブースはさすがに立派!

 

IMG_9069

マグロ!

 

帰ってきて、今週の滋賀県です。

kawa1

のどかで静かな知内川に、ホッとします。心から。

 

kawa2

雄大な姉川に癒されます。空が、ある。

 

kawa3

「なぶらない事」!近江の言葉ですね~~♪

posted by 滋賀県漁連 at 17:25| 日記 | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

ふなずし講習会in堅田漁協

ふなずし飯漬けシーズンも終盤戦に入っております。

土曜日は講習会初開催の堅田漁協にお邪魔しました。

29katatafuna1

佐野組合長ご挨拶です。風がなくてとても暑い日になりました。

 

29katatafuna2

いつもは「せり」が行われるスペースに洗い場が登場。

塩切り鮒を磨いてぴかぴかにしていく作業です。

 

29katatafuna3

青く磨かれたフナが並びます。

もちろん琵琶湖で堅田の漁師さんが獲って来たニゴロブナです。

 

29katatafuna4

フナを乾かす作業。

電動シャッターに吊るすというのは、ナイスアイデアでした…!

 

29katatafuna5

ヒレもエラもキレイにひらいて干せば、午前中の作業は終わり。

 

29katatafuna6

昼食をはさんで飯漬け作業。皆さんお上手であっという間でした。

ご参加いただき、どうもありがとうございました。

ビニールを使う漬け方なら簡単にできて置き場所も選ばないので、

手軽に気軽にふなずしを手作りしていただけると思います。

posted by 滋賀県漁連 at 13:18| 日記 | 更新情報をチェックする